判断が難しい!猫ちゃんの食べ物アレルギーを判断する方法と対処法

「大事な家族の一員が、気が付いたら病気になっていた!」

そんな経験、したくはないですよね。
でも実はコレ、アナタと住んでいる愛猫に忍び寄る魔の手なのかもしれません。

というのも、実は猫にも食物アレルギーになることがあり、最近ではキャットフードを食べていてもアレルギーになることがあるんです。

そこで今回は、『愛猫の食べ物のアレルギーを判断する方法とその対処法』を、テーマにいろいろと紹介していきたいと思います。

大好きな猫ちゃんの危険を察知して対処していくためにも、是非参考にしていってくださいね。

猫の食物アレルギーの原因

先に言っておきます。
猫の食物アレルギーの原因特定は、正直素人目では全然わかりません!

「気が付いたら猫にひどい症状が起きていた」

なんてことがほとんどです。
猫の健康を考えられているキャットフードでも、アレルギー症状が起きてしまうこともあります。

だからこそまずは、猫のアレルギーの原因を見ておくところから始めていきましょう。

ただし!アレルギーの症状が出た場合は、絶対にお医者さんに相談するようにしましょうね。

猫の食物アレルギーの原因は何?

猫が食物アレルギーをおこすアレルギー物質はアレルゲンと呼ばれます。

コレは私たち人間でも同じで、アレルギーを引き起こす食べ物を食べたときに、猫も同様にアレルギー反応が出て症状が表れてきてしまうわけです。

食べ物はどんなものがあげられる?

アレルゲンを引き起こす食材は多数ありますが、大きく分けると下の表のような形になります。

アレルゲン 食べ物
動物性たんぱく質 ・牛肉、鶏肉、豚肉、ラム肉などの肉類
・焼き魚、刺身などの魚類
・牛乳や生卵など
植物性たんぱく質 小麦、大豆、トウモロコシなどの穀物

見てわかりますが、基本的に「タンパク質が豊富なモノ」が基本的にアレルギーとなりやすいです。

特に、豚肉や魚介類に含まれるヒスタミンが原因でアレルギーを発症することもあります。

また、トウモロコシや小麦といった穀物類は、猫によって消化しづらく、それが原因となって食物アレルギーを起こします。

これらは基本的にキャットフードにも含まれていることが多いので、猫の健康を気遣ったキャットフードでも食物アレルギーが起きると言われているわけですね。

猫の食物アレルギー発症の目安は?

猫の食物アレルギーの発症は、生後半年以降が目安となることが多いです。

しかし、中にはもっと早く発症してしまう子もいるので、すべての猫ちゃんに言えることでもないみたい。

もっと言うと、猫を飼う上で去勢・不妊種ずつをしたときにホルモンバランスが乱れ、アレルギー症状を発症することもあるため、発症時期は猫ちゃんによってさまざまのようです。

どんな症状が現れるの?

そんな大切な猫ちゃんに降りかかるアレルギー症状ですが、発症してしまうと様々な症状が起きてしまいます。

・下痢
・嘔吐
・おなかのハリ
・かゆみやかぶれ
・発熱
・だるさ
・脱毛
・外耳炎
・膿皮症 など

下痢や嘔吐といった症状は、比較的飼い主も気づきやすい症状だとは思います。

しかし、おなかのハリや発熱などは特に見落としがちです。

これらの症状が表れていたら即!動物病院で検査してもらうことをオススメしますよ。

症状が表れたらどうする?猫の食物アレルギーを判断する方法

でも…ここで気になるのが、『猫ちゃんが食物アレルギーを起こす原因となるのは何?』ってことだと思います。

先ほども触れましたが、猫の食物アレルギーの原因となるアレルゲンは、基本的にキャットフードに配合されていることが多いものばかり。

そのため、アレルゲンの特定が人とはちょっと違うんですよ。

やり方①【除外食】

まず1つ目のやり方は、特定の食品を排除しながら確認していく、『除外食』というやり方です。

書いて字の通り、アレルゲンの可能性がある食品を取り除いた食事を与える方法で、魚を取り除いた食事を与えて様子を見て、症状が緩和されなければ次は鶏肉…というように、アレルゲンの可能性のある食材を繰り返し1つ1つ確かめます。

この方法は、猫ちゃんの体調を考慮して行うので、性格な診断結果が出るように1種類ずつ長期にわたって試していくため、必然的に時間がかかります。

やり方②【厳格食】

次のやり方は、除外食ではアレルゲンが特定できないときに行われることが多い、『厳格食』という検査方法です。

除外食よりもさらに徹底していて、鶏肉のみ、牛肉のみというように1度に食べる食品の量を減らしてアレルギー反応を確認します。

ただ、やっぱり時間がかかってしまうことや、診療代のほか食材については実費になることが多いです。

それに…ここまでの検査方法は、猫ちゃんの体調を考慮して投薬しながら行いますが、やっぱりアレルギー症状は出るので、猫ちゃんにとって負担でしかありません。

やり方③【血液検査】

だからこそおすすめしたいのが、最後のやり方となる『血液検査』です。

コレは私たちのアレルゲンを見つけるために行う血液検査と同様のやり方で、動物病院などで血液によってアレルギー検査を行います。

しかも、動物病院で血液検査をすると、アレルゲンとなる食品を含まないキャットフードのリストをもらえることがあるので、キャットフード選びにかなり重宝します。

ただ…検査費用は動物病院にもよりますが、だいたい2~3万円が相場です。

決して安くはありませんが1度の検査ですぐわかりますし、その後にキャットフードに気を付ければ愛猫が安心して食事を出来ると考えると、そこまで高くはないと思います。

猫の食物アレルギーの治療法・対処法は?

正直なところ、『コレをすれば確実にアレルギーを予防できる』なんて方法は、現状ではありません。

しかし、なるべくアレルゲンの食べ物を含まないキャットフードを選ぶこと自体が、大事な愛猫の食物アレルギーの予防につながります。

コレは人間と一緒ですね。
というわけで、ここからは猫が食物アレルギーにならない、なっても症状が緩和されるような対処法を、一緒に見ていきましょう。

すでにアレルギーが出てしまっているなら

低アレルギーのキャットフードに切り替えることがおすすめです。

軽い症状の場合は獣医師さんのアドバイスを受けつつ、自宅で様子を見て経過を見て、悪化する場合や症状が続く場合は、動物病院での治療が必要となります。

グルテンフリー・無添加のキャットフードにする

コチラは、『穀物が原因でアレルギーとなった』時に注目してほしい方法です。

最近ではグルテンフリーや無添加のキャットフードというように、猫ちゃんの健康をより一層考えて作られている物が増えてきています。

添加物が原因でアレルギー症状が起きる猫ちゃんの例もあるので、アレルギー症状が出る前から、このようなグルテンフリーで無添加のキャットフードを与えておくと、除外食や厳格食を行ったときでも、すぐに見つけることが出来そうです。

たんぱく質の種類が少ないキャットフードを選ぶ

市販のキャットフードのように、数種類の肉や魚が含まれている物を与えていた時に、アレルギー症状が表れてしまうと、アレルゲン特定までに時間がかかってしまいます。

そのため、1つのキャットフードに含まれる種類が少ないものなら、アレルゲンの特定までがスムーズなので、大事な愛猫のアレルギー症状の予防や緩和にすぐつなげることが出来ますよ。

食べ物治療は最低数週間、病院には絶対かかるようにしよう!

気が付いたら愛猫が食物アレルギーになって、ひどい症状が出た…。

アナタの大切な猫ちゃんに、このような現実が降りかかってくるなんて誰が思っているのでしょうか。

考えれば考えるだけ心配で仕方がない方も出てきたと思いますし、毎日与えるエサには充分に注意が必要、そう考えた方も多いと思います。

だからこそ、おすすめなのが

・使っている動物性たんぱく質の種類が少ない
・グルテンフリー・無添加

このような特徴を持つキャットフードに切り替えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です